【BALMUDA The Toasterレビュー】最高に美味い食パンが焼ける高級トースター

家電・ガジェット

最近、高級食パンが流行っていますね。

生食もとても美味しいですが、やはり食パンといえば…トースト!

 

今回紹介するBALMUDA The Toasterバルミューダ ザ トースターは、高級食パンはもちろんのこと、普通の食パンでも超美味しく変貌へんぼうを遂げる夢のようなトースターです。

 

 

BALMUDA The Toasterの外観・スペックなど

独自のテクノロジーと温度制御で、感動的な食パンを楽しめるBALMUDA The Toasterの外観や基本スペックを紹介します。

 

本体寸法357mm(幅)× 321mm(奥行き)× 209mm(高さ)
庫内寸法274mm(幅)× 204mm(奥行き)× 178mm(高さ)
製品重量約4.3kg
電源AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力1300W
電源コード長さ約1m
カラーブラック・ホワイト・グレー・ショコラ・ホワイト×ブルー
生産地中国

 

トースターの表面は

BALMUDA The Toasterの美味しさの秘密

BALMUDA The Toasterはパンを感動的な美味しさに焼き上げてくれます。

その秘密は独自のスチームテクノロジーと完璧な温度調整機能によるもの。

 

食パン内部に水分をしっかり残したまま、表面はカリッと中はジューシーな食パンを楽しむことができます。

 

BALMUDA The Toasterはパンの種類ごとに専用モードがある

「トースターはパンを焼くもの」というのは当たり前の話ですが、BALMUDAのトースターのは4種類のモードと一般的なトースター機能が備わっています。

 

・トーストモード

・チーズトーストモード

・フランスパンモード

・クロワッサンモード

・クラシックモード(170℃,200℃,230℃)

 

モードによって焼き方が違いますので、焼きたいパンにモードを合わせることで感動的な美味しさのパンを焼くことができるんです。

 

実際に食パンを焼いてみる

使い方の解説を兼ねて、実際に食パンを焼いてみました。

 

まずは付属の小さなカップで、パンをスチームするための水を5ccトースターに入れます。

 

食パンをトースターに入れます。食パンは5cmくらいまでならきれいに焼けるそうですよ。バターはお好みで。

 

トーストモードにセットして

 

時間をセットします。今回は4分半にしました。

 

加熱されてしばらくするとスチームが発生します。水分を食パン内部に閉じ込めて美味しく焼き上げます。

 

バターがいい感じに溶けてきました。もうすでに美味しそう!

 

完成!ほんのり焦げ目がついて美味しそう!

 

裏もしっかり焼けてますね。

 

外はカリカリで、中は水分が残っていてふわっふわな食パン。感動的な美味しさです。

 

 

BALMUDA The Toasterの口コミをTwitterで調べてみた

Twitterで調べてみると、わたし以外にもバルミューダのトースターに感動している人がたくさんいました。

 

 

母の日やプレゼントにもぴったりですよね。

安い食パンでも美味しくなるとTwitterでも評判でしたね。

まとめ

今回はBALMUDA The Toasterについて書きました。

 

高級トースターですが、朝食はパンと決まっている我が家の朝食のレベルが格段に上がりました。

 

普通のトースト以外にも、チーズトーストやクロワッサンなど普段食べているパンが数倍美味しくなる奇跡のトースターといってもいいでしょう。

 

QOLが爆上がりする最高のトースターでした。ぜひ試してみてくださいね。

毎日のなんでもない朝食がご褒美に変わるはずです。

しゅんぺい

北海道在住。気ままにブログを書いてます。

2019年にアメリカ・フロリダ州のウォルトディズニーワールド旅行に行ったのが最近のハイライト。

2019年11月に沖縄でリゾ婚。2020年2月にマイホームが完成予定。

しゅんぺいをフォローする
家電・ガジェット
スポンサーリンク
SNSでこの記事をシェアしよう!
ぺいログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました