【レビュー】自宅でコールドブリューコーヒーをつくるならコレ!

生活・趣味

こんにちは!しゅんぺいです。

だんだん暑くなってきてアイスコーヒーが飲みたい季節がやってきました。

 

でもアイスコーヒーって自宅で淹れると薄味になりがち

濃いめにコーヒーを淹れ、氷で冷やすと薄めすぎちゃうのはあるあるです。

ちょうどいいアイスコーヒーって結構むずかしいんですよね。

 

「家で美味しいアイスコーヒーを飲みたいけど自分で作るのは難しい。

でもペットボトルのコーヒーは美味しくないし…」

 

そんな悩みを抱えている方は、数年前からアメリカで流行っている

コールドブリューコーヒーを自宅でつくってみませんか?

 

コールドブリューコーヒーとは、水出しコーヒーのこと。

通常のアイスコーヒーと比べると、酸味が少なくてまろやかです。

 

「でも作るのが難しいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが安心してください。超カンタンです。

 

このコールドブリューコーヒ専用ボトルを使うことで

カンタンに自宅で作ることができます。

 

 

ブルーボトルコーヒーとコラボしたカラーもあります。

 

ワインボトルのような見た目でおしゃれです。

ストレーナーにコーヒー粉と水を入れて冷蔵庫にいれておくだけ。

 

約8時間ほどで完成するので、夜寝る前にセットすると

翌朝美味しいコールドブリューコーヒーが出来てます。

 

コーヒー豆は挽いてあるものを使っても、自分で挽いても大丈夫です。

自分で挽く場合は粗めに挽くと良いと思います。

手動のミルは結構疲れるので電動がオススメです。

 

アイスコーヒー専用の豆も売ってるのでそちらを使うのもアリです。

 

僕はいつもコレを購入しています。

 

季節を問わずアイスコーヒーを飲むので、定期的に注文してます。

中粗挽きで注文するとコールドブリューコーヒーにはちょうどいいです。

1回作るのに55gのコーヒー豆を使うので夏はかなりの勢いでなくなりますw

 

出来上がるまで時間がかかるので、最初は少し面倒くさいかもしれませんが

出来たあとは、まろやかなアイスコーヒー飲むことができます。

 

「お店で飲んだことはあるけど自宅でつくったことはなかった!」

という方は、ぜひ今年の夏に試してみてくださいね。

 

しゅんぺい

北海道在住。気ままにブログを書いてます。

2019年にアメリカ・フロリダ州のウォルトディズニーワールド旅行に行ったのが最近のハイライト。

2019年11月に沖縄でリゾ婚。2020年2月にマイホームが完成予定。

しゅんぺいをフォローする
生活・趣味
スポンサーリンク
SNSでこの記事をシェアしよう!
ぺいログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました