LINEで遅刻や欠勤を伝えるのは失礼?→そんなことありません

上司にLINEで欠勤連絡は無礼ではない生活・趣味

こんにちは!しゅんぺいです。

タイトル通りです。

 

昨日会社で、

LINEで休みの連絡なんて、、、ちゃんと電話で連絡もできないのか。

と言ってる無能おっさんに遭遇したので反論していきます。

 

皆さんも

遅刻・欠勤の連絡は必ず電話でしろ」と偉そうに言う上司に遭遇したことがあるのではないでしょうか?

結論から言いますが、無視してLINEで連絡を続けてOKです。

 

おっさんはなぜ失礼だと感じるのか?

LINEやメールでの欠勤・遅刻連絡を嫌う人の9割以上は、

腹が出た35歳以上の初老のおっさんです。

女性の場合は胸と腹の境目がなくなったオバハンでしょう。

奴らが就職し、社会に出たのは17〜20年前

当時はスマホなんてものは存在せず、

カメラ無しの携帯電話が主流。

携帯の使い道といったらほぼ電話。

上司や同僚への連絡手段はもちろん電話一択だったのでしょう。

 

そんな人たちからすると、

電話以外で上司に連絡 = 無礼 となるわけです。

自分が使ってきた連絡手段以外は連絡手段として認めないわけですね。

 

認めない理由のほとんどが

『【あり】だと思う人の思考が理解できない』

といった感情論です。バカですね

 

無礼以外にもLINEやメールがダメな理由がある?

意外かもしれませんが、無礼以外にも理由があるんです!

おっさんたちが苦し紛れに作り出した苦し紛れの理由が以下になります。

 

・従業員が欠勤しやすくなる

・会社全体の欠勤率が上昇

・ズル休みが増える

・従業員が嘘を言いやすい

 

どうでしょうか?

根拠のない理由ばかりですね。

本当に具合悪いかどうか確認するための電話、って笑えませんか?

僕なら具合悪そうな声を出すときこそ元気ですけどね笑

そもそも声で体調なんかわからないですよね。

 

LINEを推奨する理由

 

・ダメな理由が感情論

・相手の時間を奪わない

・連絡事項が明確

・言った、言ってないが発生しない

・出なかった場合結局ラインする

・電話・LINEどっちの連絡手段でも結局休む

 

LINEで済ませれる時代は来る

チャット形式での連絡が、

当たり前な世代が管理職に就く頃には、

確実に休みの連絡はチャットが主流になっているハズです。

 

おっさんたちが管理職のうちは、

いきなりLINEで連絡するのではなく

「休みの連絡は次からLINEでしますね〜。」

と、アピールしておきましょう。

いきなり完全にLINEに切り替えるのではなく、

少しづつLINEで連絡するヤツというキャラを確立させた方がいいかもです。

 

僕は2-3年前からLINEで連絡するキャラになりました。

あのホリエモンも電話に出ないキャラを貫いています。

 

今は違和感を覚える無能が多いですが、

そいつらはそのうち消えます。

あなたの時間を奪わない為ですよ、と優しく言ってあげましょう。

時代があなたに追いついてくるので大丈夫です。

 

もしこの記事を読んだのが

電話推奨の上司なら考えを改めた方がいいですね。

おそらくあなたは部下に嫌われてます。

しゅんぺい

北海道在住。気ままにブログを書いてます。

2019年にアメリカ・フロリダ州のウォルトディズニーワールド旅行に行ったのが最近のハイライト。

2019年11月に沖縄でリゾ婚。2020年2月にマイホームが完成予定。

しゅんぺいをフォローする
生活・趣味
スポンサーリンク
SNSでこの記事をシェアしよう!
ぺいログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました